« 鳥インフルエンザ・大流行かWHOが警告 | トップページ | 火力発電所の配管肉厚の検査が無いと言うのだが »

2004.09.12

スカイマーシャル搭乗へ

産経新聞より「米国便に武装警察官搭乗へ 警察庁、年内にも」

警察庁は日本航空と全日空が運航する米国便の旅客機に拳銃を携帯した警官を搭乗させる「スカイマーシャル」の制度を年内にも実施することを決めた。米国の要請を受けて国土交通省、航空会社と協議。05年度予算の概算要求にも装備費など7700万円を計上した。旅客機の乗員らに慎重論もあり、権限や拳銃の使用基準など詰めの作業を進める。スカイマーシャルをめぐっては、今年6月のG8の会合で、実施に向けた準備を進めることで合意。警察庁は同様の制度を持つ国に千葉県警と大阪府警の幹部を派遣、訓練を受けさせるなどしていた。
先日NHKでイラク問題などを広範囲に議論する番組を放送したが、その中で「アメリカではテロ事件は起きていないが、アメリカ以外の国でテロ事件が起きている。これはアメリカのテロ対策が効果を挙げている証拠だ」という説明があって納得した。
実際問題としてアメリカの特に空港におけるテロ対策は色々な問題もあるし、ビジネス・チャータージェットの大流行といった社会のスタイルの変革も生みだした。それにしても効果はあったと言う。

であるなら、日本ではどうか?テロ事件は起きていない。けっこうテロ事件を起こしにくい国なのだろうと思う。第一に銃の規制が極めて厳しい。また、オウム事件などで日本の世論は反社会的集団については非常に厳しく見ていると思う。
それやこれやで、実際にはアメリカでテロ事件が起きないのと同じ程度のテロ抑止力は日本に実際にあるのだろう。

その上で「スカイマーシャルの搭乗」というのはどうなんだ?大体、スカイマーシャルがハイジャックを防止したなんてのは、ロシアであった例ぐらいしか無いのではないか?もちろん、事前に抑え込みに成功すれば事件にはならないとか、指名手配犯が飛行機を利用しなくなるといった側面の方が大きいのだろうけど、どうも費用対効果が合わないような気がする。

13Hzで稼働中さんが「ブッシュは銃を野放しにするつもりらしい」と書かれているが、銃器の取締つまり刀狩りは歴史的に見ても極めて難しい。近い将来、世界で刀狩り(銃器取締)は出来ないだろう。そうなると、実効的に銃器を取り締まっている国の方が少ないという現実に突き当たる。日本でも銃器の取り締まりは極めて厳しいが、ヤクザが短機銃を持つとか、全くの素人が「自殺のためにピストル密輸入」なんて事件が起きている。公式(?)に実効的に銃器の取り締まりが出来ているのは、EU諸国、日本、東北アジア諸国ぐらいしか思い当たらない。そんな中で銃を所持するスカイマーシャルというのはある意味で当然の発想なのかもしれないが、日本から出発する便よりも日本に向かう便の方が怪しいのではないか?どうするのかね?

9月 12, 2004 at 12:56 午後 海外の政治・軍事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/1417502

この記事へのトラックバック一覧です: スカイマーシャル搭乗へ:

» JAL、ANA に拳銃持った私服警官 トラックバック あそびをせんとやうまれけむ
刃物振り回す程度のハイジャッカーならともかく、自爆覚悟のテロリストにどれほどの効果があるのかしら・・・ @nifty:NEWS@nifty:米国便に私服・拳銃警 続きを読む

受信: 2004/09/12 17:25:42

» スカイマーシャル トラックバック ★資金ゼロ!?★今日からブログ起業するぞ!!
飛行機に私服の警官が乗るんですね。 スカイマーシャルって言葉はすごくかっこいいけど・・・物騒な世の中です。 本当にテロ防止に役に立つのか・・・。 Yaho... 続きを読む

受信: 2004/12/11 3:23:25

コメント

もし、日本発の航空機がテロに利用されてしまったら、下手をすれば外交問題に発展しますから、そういう意味で、なんとしても日本発のテロを防ぎたいのだろうと思います。その上、G8で合意してきてしまったようで。
案外「人命よりも国家の威信」が本音かも‥‥。私は、今回の件は、外交上の理由がウェイトとして大きいと読んでいます。この上、利権が絡んでたりするともう最悪ですね。
まぁ、人命に関わることだけに、金がどうとかあまり言いたくありませんけど、それでもやはり警察比例の原則を考えると微妙なところと思います。
なお、今回の概算要求額は7700万円ですが、北海道警の裏金総額は6億7000万円。それを考えれば安いものです(笑)

投稿: わくたま | 2004/09/12 18:26:27

コメントを書く