« HDD付きDVDレコーダーがインターネットを攻めてくる | トップページ | 続・インターネットで発信者の信用をどう確保するか? »

2004.09.18

blog をイントラネットで使うことなどを考察する

モダシンさんの記事「ウェブログの未来系」が紹介しているnikkeibpの記事「ウェブログの未来系」で関心空間社長前田邦宏氏の発言を読んでみた。

関心空間やブログ、ソーシャルネットワーキングサービスの特徴は、何か他人と話がしたいという場合に、コミュニケーションの形ですぐに実現できること。

今ひとつ分からん。掲示板だってチャットだって、出会い系サイト、パソコン通信だってやっていることだと思うぞ?それらとこれらインターネット上の後発のサービスで何か違うとも思わないのだが・・・・。さらに

社内において、ある人が、知りたいことをブログに投げる。他の社員がそれに答える。あるいは、「こんな営業をしたら、こんなふうに成功した」という情報を投げあうことで、人的資産を共有したり、成功につながる業務プロセスを共有することができる。

いくらたとえ話だとしても、これは無いだろう。例が適切ではないよ。

だいたい社内で知りたいと聞きに行って教えてくれるのは基本的に人脈だろう。いくら社内が広い(大勢いる)としても誰でも教えてくれるのは「昼飯はどこが良いか?」なんて話題までじゃないか?モダシンさんは

ブログは非常に能動的なメディアで「書きたいこと」「書く力のある人」には非常に魅力的なのですが、「書くことがない」とか「日本語がうまく書けません」「語るべき言葉を持たない」という人には非常に酷なツールであると思っています。

グループウェアを利用したこれまでの日報システムの方がはるかに効率的でシンプルです。

と述べていて、これは同感です。最近の日報システムの良くできているのは非常に多くの入力をさせることで営業社員の行動パターンを見つけ出してくるようもこともしていて、個人がテキストで入力できるような範囲を越えてます。もちろん blog をカスタマイズすれば同じ事は出来ますが、日報システムではハードウェアとセットになっているものもあるわけで、果たして blog を活かすことができるのでしょうか?

話しを業務に限るから「ムリだろう」という話しに展開するのだが、その他の情報を交換の手段としてグループウェアの掲示板とか使ってる分野には向いているだろう。かなり自由度が高いし。だがしかし企業内において自由文を掲示出来るような仕組みのハードルが低くなると企業内情報交換は活発化するか?結構疑問だと思う。これまた個人情報保護法などの絡みなのだが、いろいろな使用制限が強化されている、キーロガーも珍しくない。さらには私物PCの持ち込み禁止という方向性も出ている。つまりは企業内ではフォーマット通りにPCを使えという方向性なのだから、自由文についてだけハードルを低くしてもあまり変化はあるまい。

9月 18, 2004 at 08:15 午後 ウェブログ・ココログ関連 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/1465450

この記事へのトラックバック一覧です: blog をイントラネットで使うことなどを考察する:

» ブログ講座 トラックバック そーろんの憂鬱 f(^^;
以前に某協会でブログ講座を行ったのだが、意外と評判が良かったらしく第2回 続きを読む

受信: 2005/06/23 16:52:59

コメント

社員全部が「書ける人」「書くことが区にならない人」ならともかく、そんなわきゃない(笑

そういうことになれていない人に勝手に書かせたら、ハラスメントでエライことになるのがオチだと思いますね(笑

逆にこういうツールを使える人にとっては「書くこと」が楽なツールというのは、とても有効だと思います。

関心空間にしても、はてなにしても、特別な事をしなくとも、キーワードを拾って繋げてくれるところが、書くことをより「楽」にしてくれるという云う面はあるから、タダのブログよりは、ある意味進んでいますね。

仕事に関係あるキーワード、技術用語やプロジェクトでバシバシ繋がるのは確かに楽ですから。

投稿: Tiger | 2004/09/19 11:17:18

Tigerさん

WBSかなんかでやっていたのだけど、ポケットPCかなんかの業務用のに営業報告日誌のフォーマットが入っていて、それを訪問先からアップするという仕組みを富士通が作っているとかいうものでした。

うろ覚えですが、営業マン向けなので基本的な取引データのやり取りが非常に細かく出来るようなっているらしく、例えば季節に遭わせて品目の割合を変化させるなんて話しをそのまま反映できるらしいです。
ここまでは、お客との接点ということでお客の目の前でやるのですが、営業マンとしてのノウハウにあたる雑談の部分についても、データとして入れられるだけの項目があるようです。
紹介されたのは小売店を顧客にする営業マンなので、最近の顧客の動向、ライバル商品の人気、小売店が気にしている直近のイベントといった内容です。

これを自由文で入れるのは感想を書けと判断を書けではないので簡単だとは思うけど、大勢の営業マンが自由文で報告しても一回整理しないと報告書にならないし、当然フィードバックも出来ない。
それが、項目を設定しているので集計して報告書にしてしまわけです。
この仕組みはすごいと思った。ま、項目の設定から報告の自動化までコントロールするのは思い切り大変だろとは思いますが、一部上場メーカなどだと、ほんの僅かなロスでも絶対金額としてトンでもない額になるでしょうから、システムに投資する値打ちはあるでしょう。

そう考えると、blog をイントラネットにとか、関心空間・はてなの応用でとか、そこまでカネが掛けられない企業には良いのかね?
う~ん・・・・グループウェアの掲示板とあまり違わないように感じるな・・・・。

投稿: 酔うぞ | 2004/09/19 16:40:11

 そもそも・・・ブログってそんな大層なシステムですかねぇ?
 既存のコメント機能付日記システムとあまり変わらない気がするのですが。
 「ブログ」の括りに入るシステムは、勝手に設置された同士でトラックバックと言う、どこからリンク/引用しているかを簡単に通知する共通の仕掛けを持っているだけですよねぇ。
 実を言うと、私は世間の「ブログ」騒ぎを、いつも通りの素人の空騒ぎと思ってるんですけどね。(^^;

 これをイントラネット内で使用したからって・・・。
 「自由文をきちんと書ける人」+「キーボードからの文章入力が自然にできる人」で無ければ意味がないのは、Tigerさんのコメントにも書かれている通りですね。

 業務上のノウハウを一番多く保持しているはずの年配者の多くは、まだまだ「キーボードからの文章入力が自然にできる人」これが問題でしょう。
 若手は、子供の頃からPCに触れているので、キーボード入力のハードルは低く、むしろ手書きよりもキーボード入力の方が良いと考えている人が増えているようですが。
 逆に某匿名掲示板のような無作法な世界に浸っていたりして、「自由文をきちんと書ける人」(に加えて、読む能力も)こっちに問題があるような気がしています。
 結局、両方共に問題無い人は、今も昔も少数派ではないかと。

投稿: craftsman | 2004/09/20 10:06:33

>業務上のノウハウを一番多く保持しているはずの年配者の多くは、
>まだまだ「キーボードからの文章入力が自然にできる人」これが問題でしょう。
> 若手は、子供の頃からPCに触れているので、
>キーボード入力のハードルは低く、
>むしろ手書きよりもキーボード入力の方が良いと考えている人が
>増えているようですが。

ここらが問題の根本なのかいささか疑問が出てきています。
日本ではビジネス的な事柄には「根回し」が必要でこれは無くならないでしょう。
一方インターネットではツールとしてメール・メールリングリスト・認証制度の掲示板・個人HP・匿名掲示板といわば連続的に並んでいると考えています。
だから同じ意見も特定個人にメールで伝えるのと匿名掲示板に出してしまうのが技術的には同列にあるわけで、その結果の方を評価しないわけにいかない。

ここで、根本的な問題に突き当たるような気がしてならないのですが、日本では一般に「何をすればOKか、何をしてはいけないか」という話しになりがちです。これは「考えないでも判断できるように羅列しておけ」ということで、まぁ誰も間違えを犯さないという意味では効果はあるのでしょうが、あまり複雑なことに向いていない。

インターネットやコンピュータを使うということに中に、根回しに役にたつという側面の他に特にインターネットは個人が放送できるといった側面があります。これは今までは無かったことで、実際問題として「未知の人を説得出来る」というレベルの問題も含みます。

例えば春に話題になった「電車男」なんてのは、期せずして社会を納得させてしまったわけです。その結果が新潮社から出版だもんね・・・・。

この説得できるつまりプレゼンテーションという話は日本ではほとんど扱って来ませんでした。その結果がワープロソフトの使い方ですら「上司提出する書類の清書」なんて位置づけが長年続いています。こういう情報の使い方は正に根回しの範囲であって、プレゼンテーションで多くの人を説得する、なんてとはいわば対極にあると思います。

しかし、インターネットを利用すると結果は広報だし、さらにその成果は納得させてしまう、に繋がります。
問題は、そこまではなかなか意識できないし、第一リスクが取れない。

これは個人の技術的なスキルの範囲の問題しゃないと思うのですよ。
だからと言ってどうなるとも思えないのですが・・・・。

blog については、個人HPと比較するとすこしハードルを下げる、といった意味だと思いますが、なにしろ個人は多い(爆)その結果はやはり津波になる可能性はあると思っていて、注目しているところです。

blog によって個人HPの開設などよりも楽に意見発表が出来るようになると、今までの力のある(説得力のある)書き手よりも普通の人の意見の方が多くなってしまうかもしれない。
これはインターネットでの書き込みやアンケート結果で新聞などが想定する意見とずれているというのは、木村剛氏が福岡の講演で述べていたことそのもので、blog がほんのちょっとインターネットを変えると全体としては大きく変わるのではないか?ということです。

まぁいろいろな面があって、総合的にはどうなるのか良く分かりませんが、なんか変わるだろうな、とは思うのです。

投稿: 酔うぞ | 2004/09/20 10:31:24

コメントを書く