« 池貝・中国企業になる | トップページ | 山陽道追突事故 »

2004.08.07

三菱ふそう・クラッチハウジングで記者会見

朝日新聞より「破断4件、高速などで発生 三菱ふそうのクラッチ欠陥

三菱ふそうトラック・バスの金属部品「クラッチハウジング」が破断する欠陥で、同社は6日、先に明らかにした4件の破断が、高速道路などで起きていたことを明らかにした。

    TKY200408060261.jpg

クラッチハウジングは写真の右側の大きなナベの底の無いような部品である。
これが写真で見えている面のところからぐるりと割れて落ちてしまった。

 
ちょっと機械に関心のある人なら直感的に分かるかと思うが、そうそう強大な力を受けるように部品ではなく、現実に写真で見える側にエンジン、人の側にトランスミッションが取りついて、中で写真左側にあるクラッチディスクが回転している。
つまりクラッチハウジングは回転する部品が入っているだけの、いわば支えの役をしているだけであるから、力が掛からないのだ。
レース用オートバイなどではこの部品が骨だけで中で回転しているクラッチが見えるというものもある。

これが割れた。PCを使っている人たちにとって回転部品と言えばハードディスクがある。ハードディスクは毎分7200回転とかだから自動車のエンジンとするとかなりの高回転型であるが、ハードディスクのケースが割れるワケがないと思っているのは、無理な力が掛かっていないで中で回っているだけだ、と思っているからと言えます。

それが、三菱ふそうのトラックでは割れた。
定期交換するような部品ではない。つまり消耗しないことを前提に設計しているのだから、それが壊れるというのは対処が極めて難しいし、第一クラッチハウジングそのものに割れる原因があるわけではない。

中で回っている仕組みがあって、それを支える部品が壊れたのだから、中で回っている部品が異常な力を発生していることなどに原因があるのは明らかだろう。
実際に三菱ふそうのサイトにはクラッチハウジングのリコール処理の内容として内部で回転している、シャフト類の点検を厳重にすることなっている。
その意味ではこの記者会見の詳細はもちろん分からないが、クラッチハウジングだけで説明したのでは意味が通じないだろうし、記者だって詳しい人はいるだろうから突っ込んだのではないか?と想像してしまう。
どうもこの記者会見の様子だけ見ても、三菱ふそうの対応はもの作りの会社の対応ではないと感じてしまう。
以前、トヨタの張社長をWBSの小谷キャスターがインタビューした時に組み立てラインの中に椅子を置いて会談していた。せめてそれくらいことをやるのがもの作りの企業姿勢というものだ。

8月 7, 2004 at 01:06 午後 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/1141675

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱ふそう・クラッチハウジングで記者会見:

» 三菱ふそう・クラッチハウジングやっと対策 トラックバック 酔うぞの遠めがね
三菱ふそうがようやくクラッチハウジング破断事故の対策として振動抑制部品の取り付けを始めるのだが、これでも根本的な対策にならない。 続きを読む

受信: 2004/09/15 21:18:16

コメント

コメントを書く