« テレ朝の取材メモが訴訟の相手側に利用される | トップページ | 池貝・中国企業になる »

2004.08.04

東京地裁・UFJの異議申し立てを退ける

産経新聞より「地裁、UFJの異議申し立てを退ける

住友信託がUFJを三菱東京との経営統合に待ったを掛けるために東京地裁に申し立てた交渉禁止の仮処分が東京地裁で認められてしまったために、その決定に対してUFJが異議をもし立てていた。
その結論が、裁判所は判断をひっくり返しません、つまり住友信託の仮処分を認めるというものになった。

 
今後、UFJは高裁に抗告して高裁の判断を仰ぐ。
UFJ信託は住友信託に売却、残りの部分を三菱東京と経営統合という可能性が出てきたが、UFJ信託はUFJグループの中で優良部門であるから、優良部門が減るということは三菱東京にUFJは買い叩かれることになる。

さらに住友信託とは近い三井住友がUFJに経営統合を持ちかけているが、これはこれで三菱東京との交渉をひっくり返すことになるので、これまた訴訟沙汰になりかねない。

一言で言えば、ほんのちょっとの先見性すら無い、現経営陣と直前の経営陣の責任だろう。株主代表訴訟が起きても不思議じゃない。

8月 4, 2004 at 10:17 午後 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/1121586

この記事へのトラックバック一覧です: 東京地裁・UFJの異議申し立てを退ける:

コメント

コメントを書く