« 刑法改正案・有期刑の上限引き上げなど | トップページ | テレ朝の取材メモが訴訟の相手側に利用される »

2004.07.30

電卓を買ったのだが・・・

ひょいと思いついて、ヨドバシでついでに買った。

FC-100.jpg

関数電卓ほど大げさではなくて、ベキ乗(複利)の計算が出来るというのがミソなのだが・・・・・。
使い方が意外なほど難しい、PCを開いて表計算を立ち上げてというのに比べるとはるかに素早いが、その分操作を勉強しなくてはならない、電卓とは思えないほどだ。

7月 30, 2004 at 11:29 午後 新商品やお買い物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/1088312

この記事へのトラックバック一覧です: 電卓を買ったのだが・・・:

コメント

 20年位前の、初期のハンディ型関数電卓みたいですねぇ。(^^;
 今、関数電卓と言うと、数式通りの入力、数式記憶つきが当たり前だし、プログラム機能付き・グラフ描画機能付の物でも、数千円で買えてしまう訳ですが。
 初期の関数電卓は、Windowsの電卓の関数モードそっくりでしたよね。
(と言うか、Windowsの電卓の関数モードが初期の電卓の真似?)
 簡単な部品を設計(メモ用紙にマンガを描いてみたいな)する時なんか、初期の関数電卓の方式の方が電卓ライクにさっと使えて、便利だったなんて事もあるんですが。
 そう言う物って売ってないですよね。

 まぁ、これだけ電卓が普及しているにもかかわらず、メモリー機能や[%]キーの使い方すら知らない人が大半のようなのですけどね。(^^;
 今居る職場で、半導体チップの歩留まり計算をするのに、「良品数[×]100[÷]総数」なんて操作をしているのですよ。
 それは、「良品数[÷]総数[%]」と操作すれば良いんだよと教えると「おおっ」とか言ってますよね。(^^;
 それでも相変わらず「良品数[×]100[÷]総数」と操作しているようで。
(歩留まりは、良品数÷総数×100だと説明したら、教わったのと違うと抵抗されたりとか。(^^;)
 どうも電卓の四則演算以外の機能は信用していない・・・いや、理解が出来ないようですね。(^^;

投稿: craftsman | 2004/08/01 11:35:14

>20年位前の、初期のハンディ型関数電卓みたいですねぇ。(^^;

いや、ま~確かに(^^ゞ
実は、買ってから「何年製だ?」と調べましたがどこにもない。
実は製品名を書かなかったのですが、これです。

http://dentaku.casio.co.jp/product_list/product.php?m_no=11

技術用の関数電卓は数式を入力しますが、これはデータだけを適切なキーで放り込むだけ、順序は関係なしという珍しい仕組みになっています。

関数電卓として機能するのは、複利計算などベキ乗計算、住宅ローンなど元利均等の計算等です。
説明によるとニュートン法の近似計算をしていたりで、答えが出るまで10秒ぐらい掛かることもあります。

非常に衝撃的だったのは、元金・利率・期間・総計という4つの要素のどれかが回答であるとすると、それ以外の3つのデータを入れて「答えを求める」とやると答えが出る(上記4つのどれか)という仕組みで、だから入力順序は関係ないわけです。
まぁプログラムが物体と化したと思えば良いわけですが、入力に順序が無いというのは新鮮です(^_^)

投稿: 酔うぞ | 2004/08/01 22:39:15

Nariです。
 関数電卓ですか、最近あんまし使ってないなぁ・・・普通の電卓はよく使うんですけどね。
 基本的に、電卓で四則演算以上の機能を使う人は少数派なのではないのかと思っています。私的にも、関数電卓よりも四則演算機能に絞った電卓の方を良く使います。(ルート計算だけは必要だったりする人も少ないかな(^^;;)
 今では、算数や数学の授業で電卓の使い方をやっていたと思いますが、計算能力の低下も避けられないのでしょうね。

投稿: Nari | 2004/08/04 9:27:11

元々は工学計算はやっていたのですが、何年か前に「住宅ローンの計算はどうやるんだ?」という会話したことがあって、その後さらに何年かして本屋で「金利計算マニュアル」なる本を買いました。
基本的に金利とはその時点で借りている金額に利率を掛けたもので、それに元本の定額を加えたものが短期借り入れの計算です。
これに対して住宅ローンは元本と金利を合わせて一定額にするために元利均等(返済)と呼ばれます。
この計算式を「金利計算マニュアル」で知って、表計算ソフトで使えるようになったころに、知人の紹介で会社を売り飛ばす手伝いをしました。この時に何本もある借金の一つの銀行に一体化させ、法人から個人に振り替えるという資料を表計算で作って、畳一枚分ぐらい表にして銀行を説得しました(^_^)

この時期からベキ乗を使った計算に割と頻繁に当たるようになって、工学用の関数電卓より向いているのは無いか?ということで見つけたものです。

金利とか成長率といった社会的な問題はベキ乗を使う事が多いのです。

投稿: 酔うぞ | 2004/08/04 15:07:42

コメントを書く