« 双日はどうなるのだ? | トップページ | 三菱ふそう・クラッチハウジング対策 »

2004.07.24

1年前に自衛隊機が照準されていた

東京新聞より「北朝鮮軍機が攻撃態勢

昨年の3月のことだそうだが、北朝鮮空軍のMig29が海上自衛隊のEP3をロックオンしたというのです。

2003年4月ごろ朝鮮・日本・アメリカの関係はどうだったのか?と調べてみると、2002年後半からギクシャクしていて2003年1月10日には北朝鮮は核不拡散条約からの脱退を表明しています。

ロックオンとは照準のことで、1986年にリビアのシドラ湾でアメリカ海軍のF14がリビア空軍機から攻撃照準波(CW波)を受けたことで反撃して撃墜しています。
つまり平たく言えば攻撃したことになります。

もっともEP3というのも電子偵察機と言うほどのものですから狙われても仕方ないというところもあります。
東京新聞によると、自衛隊はF15戦闘機を発進させた。その後にMig29はアメリカ空軍の電子偵察機RC135Sをロックオンしました。

自衛隊はアメリカ空軍のRC135Sと間違えて海上自衛隊のEP3をロックオンしたという見解を発表していますが、ちょっと額面通りには受け止め難いですね。
まず、速度がかなり違う。これほど速度の違う機体を間違えて照準していては戦争にならない。
やはり、当時の政治状況による圧力であると素直に解釈するべきでしょう。

7月 24, 2004 at 11:46 午前 海外の政治・軍事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/1037913

この記事へのトラックバック一覧です: 1年前に自衛隊機が照準されていた:

コメント

コメントを書く