« 三菱自動車・業務上過失致死罪で捜査 | トップページ | SUICA や ICOCA の捨て方は? »

2004.06.05

吉井怜さんが、SUICA と ICOCA を気にしてますが

吉井怜さんが「ICOCAが気になる」と言ってます(^_^)

>そういえば、友達にSuicaを買った自慢をしたら、
>その友達は定期券付きSuicaを持っていたのだーー!
>う、うらやましい(☆▽☆)
>この間、滋賀に行った時、「ikoca」
>(行こうか、ikoca!っていうキャッチフレーズ)を発見!
>これって、もしやSuicaみたいにタッチandゴーってことかしら?
>気になる~(>▽<)

だそうですが・・・・(^_^;)

どうも良いことばかりを強調するので、吉井怜さんも気になるわけでしょう。
問題は誰が「良いことばかりを強調するのか?」ですが、これはあからさまに言えば、お国であります。
SUICA も ICOCA も非接触型ICカードの代表的な使い方で、たまたまカードの形をした RFID という分類になります。
仕組みとしては、米粒ぐらいの無線送信機を内蔵しているカードで、この無線送信機を使用して非接触=無線でその品物を特定しようという仕組みです。

確かに非常に高度な技術であって、偽造が困難なことと無線を使うので非接触であることで、処理速度を上げることができるのはメリットです。
現実に、SUICA では改札口の通過速度が明らかに上がってきています。
このために、関東地区で使われている私鉄のパスネット(プリペードカード)を SUICA(ICカード)に統合する方針のようです。

無線で情報をやり取りするのならば、携帯電話の方がずっと先行しているので、携帯電話に SUICA の機能を持たせる製品はすでに試作品が発表されています。
世界的な携帯電話メーカのノキアの本社があるフィンランドでは、自動販売機に携帯電話を近づけて買い物が出来るそうです。実験は日本ではすでに行われています。

まぁここまで来ると「面倒だから、携帯電話に統一するか?」というのもアリなのですが、それが一部現実と化しています。
電話の主力が、今までの固定電話が主で携帯電話が從という関係から、携帯電話が主で、IP電話が從という構図が出来てきました。つまり、携帯電話の重要度はますます高くなりますが・・・・。

もし携帯電話を落としたらどうなるんでしょう?
拾った(盗んだ)人物が持ってるだけで、SUICA として使われてしまいます。
さらに、電波を出しているということは、内容が分からなくても「通信していることは分かる」のは確実で、自宅で携帯電話で話す習慣のある人は、電話の習慣を外部から察知されることになります。

なんでこんな心配をしなければならないのか?
便利さと安全は両立しない、ということですね。
コンピュータ犯罪の白浜シンポジウムでは参加者のお一人が「家の娘が」という話で「席取り携帯電話を置いておくから、人に取られたらメールアドレスを盗まれるだろう」と注意したところ「構わない」と言うので「アドレス帳に載っている人に迷惑を掛けるんだぞ」と注意したとのことでした。
難しいハイテク社会というべきですね。

6月 5, 2004 at 02:06 午前 セキュリティと法学 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/713640

この記事へのトラックバック一覧です: 吉井怜さんが、SUICA と ICOCA を気にしてますが:

コメント

コメントを書く