« 三菱自動車の元役員ら6名を逮捕 | トップページ | 同姓同名 »

2004.06.12

三菱自動車・元社長が公表に反対

毎日新聞より「三菱自・河添元社長、欠陥公表の進言を繰り返し拒否」

元社長の河添克彦容疑者は97年11月の社長就任直後から、当時の担当常務にリコールすべき重大欠陥の公表を繰り返し勧められたにもかかわらず、一貫して拒否していたことが分かった。

というのだが、本当かよ?という気が強くする。
どうするつもりだったのだろうか?

2000年に「リコール隠し発覚」があり、この時に全部を出せば良いのに、今回問題になった範囲は全く出していない。しかも、毎日新聞他の記事によれば、運輸省などの抜き打ち検査に対応する訓練までやったという。
どういう意味があるのだろうか?

全体像がさっぱり分からない。リコールを届け出ないとして、その間に対策部品を作って、同じ問題が二度と起きないようにするのなら、まだ話は分かるが、ハブについては、設計変更しても欠陥を残した。

新聞記事でも「クラッチ破損によるプロペラシャフトの脱落事故」と書いているとおり、クラッチハウジングはクラッチの破損によって引き起こされる問題であって、原因としては長時間の高速走行によるものらしい、正に回転部品が回転するエネルギーで破損して、その力ががクラッチハウジングも破損するだから、クラッチハウジングを手当てしても、クラッチは破損するはずだ。
確かに、クラッチが破損しても、それ以上の部品が壊れないことは重要ではあるが、「クラッチが壊れます」と公表したら「営業補償しろ」ということになるだろう。だからと言って口をぬぐってなんとかなるモノか?
小学生でもやらないようなことをやったというしかない。

社内の会議で「人身事故になる」という結論が出ているものを、対策しなかったのだから、当然のこととして「いつかは、死傷者が出る」と承知しつつトラックを生産していたことになる。これでは、欠陥ではなくて確信犯となってしまう。未必の故意による傷害致死罪になってしまうではないか。

6月 12, 2004 at 06:13 午後 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/756501

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱自動車・元社長が公表に反対:

コメント

コメントを書く