« 三菱自動車・元社長の事情聴取 | トップページ | 三菱自動車の管理は国交省になるのか? »

2004.06.07

続・コードレス・プレゼンター

以前、コードレス・プレゼンターを買ったことを書いたが、実は最大の関心は電池の寿命にあった。
カタログ上は「60-100時間」となっていて、どう考えても1週間ぐらいは持つと思われるから実用的には「途中で電池切れ」という可能性はあまり無いだろうと予想はしていた。

その結果が、出たが満足できる電池寿命である、と言える。

コードレス・プレゼンターは、Bluetooth つまり無線でマウス機能を実現していて、もう一つはレーザーポインターとしても使える、つまり単なる無線マウスとは電池の使用量がまるで違うわけだから「電池寿命60-100時間」では使い方によっては半分になるよ、と言うのと同じだからどんなもんだろう?
と興味津々であった。

その一方で、ロジクールの製品としては無線トラックボールを使っているが、これは、確か電池寿命を「何ヶ月」といった数字で出していて、これが正確だったので、ロジクール製品の電池寿命マネージメントについては信頼していた。

コードレス・プレゼンターは5月25日から使っていて、単なるマウスとしてほぼ毎日、4-5時間以上は使っていたから12日間で50-80時間程度は使っていると思う。そして、6月5日にプレゼンでレーザーポインターとしてもバリバリに使ってみた。その結果、この文章を作っている段階で電池インジケーターは「電池を交換せよ」と言っています。

つまり電池寿命についての説明通りの実力を発揮したと言えるでしょう。
とは言え、常用するとなるとニッケル水素電池でどれくらい使えるか?という問題になりそうにも思いますが・・・。

実際にプレゼンをしてみると、これは快適。
手元のPCでやるより全然良いです。実際にプロジェクターの隣にあるPCと演台との距離は5メートル以上はあったけど、全くの問題なし。プレゼンの機会がある方にはお勧めですね。

6月 7, 2004 at 12:27 午前 新商品やお買い物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/724825

この記事へのトラックバック一覧です: 続・コードレス・プレゼンター:

コメント

コメントを書く