« 三菱ふそうのハブの構造 | トップページ | こんな名前があっても良いのか? »

2004.05.15

三菱自動車の逮捕者の言い分

読売新聞より「ハブ破損、「危険度最高」もリコール会議にかけず

三菱自動車の元幹部で逮捕された7人の中で2人が業務上過失致死傷で逮捕されていたが、その詳細が報道された。
それによると、この二人は実にトンでもないことを主張しているらしい。

そもそも三菱自動車で不具合情報の扱いは、危険度の分類として3段階、それに対する処理区分が7段階であったとある。
簡単に言えば、ブレーキの不具合であれば、重大な危険度として扱うことに決まっている。一方対策は、緊急に対策するから対策見送りなどに分かれている。
もっともこれで、ブレーキの不具合を対策しないという決定が出るとすると、よほど明快な説明が無いと後から追求されるだろうから、危険度が高い不具合であれば直ちにリコールする、といった判断の方が当たり前だろうと思う。

記事によれば、1999年の広島県で起きた高速バスのハブの破損事故で、ハブを不具合情報を危険度高としたのだが、その扱いを継続調査にしたという。
これは上で書いた「常識」に反すると思う。

神奈川県警はこの常識に反する決定の背景には、92年以後ハブ破損の報告があったが、整備不良としてきたので、過去の決定に反するからということで、意図的に常識に反する決定に変更した、だから結果として横浜市の死亡事故になったということで、二人の責任を追及するということのようだ。

二人は、業務上の責任が無かったというのを理由に容疑を否認しているという。
しかし、それでは不具合情報の緊急度とか対策の優先度を決めるというシステムにどういう意味があるのだろうか?もし、容疑が無いのであれば、不具合対策のシステムに問題があったということで、対策システムの変更が必要だろうし、第一リコールという国の対策と合致している部分のシステムの変更が必要だということは、過去に作った自動車が国がメーカーとして認定するに足りない工場において、密造されたことになってしまではないか?三菱自動車は必要な範囲で販売した車を買い戻す(走ってはいけない車なのだから)ことになってしまう。

一方、システムは現在でも有効であり、特に変更する必要が無いのだとすると、それ運用する人が正しく運用していなかったことになるから、誰かに責任があることは確実だ。この二人は「自分に容疑は無い」という主張であれば、誰が容疑者と言うのだろうか?

5月 15, 2004 at 06:27 午後 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/598768

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱自動車の逮捕者の言い分:

コメント

コメントを書く