« (旧)三菱自動車役員、業務上過失致死傷で立件か? | トップページ | ダイムラー・三菱自動車への出資比率引き下げ »

2004.05.01

EU拡大

5月1日、拡大EUがスタートする。25ヶ国体制となり、巨大経済圏が動き出す。
域内格差は大きく、人口動向についても今のところはっきりしないが、うまくいけばアメリカのように巨大消費市場が誕生するかもしれない。その場合には、域内生産を域内消費することが可能になるかもしれない。

EU   4億5千万人、   7% GDP9兆ドル 30%
日本  1億2千7百万人  2%  4兆1千億ドル 13%
インド  6億6千5百万人 10%    5千億ドル  1.6%
中国 12億9千5百万人 21%  1兆1千億ドル  3.8%
USA  2億8千万人  5% 10兆7百億ドル 33%
全世界 60億5千5百万人 30兆ドル

もちろん現時点では主権国家の集合体であるから、アメリカや日本などと直接比較するのは適当では無いが、EUの歴史そのものが1951年から始まったに過ぎないことを考えれば、経済的には単一国家となるのもそうそう時間がかかることでもあるまい。
改めて驚くのは、アメリカ、EU、日本だけで世界経済の76%を占めているのだが、その人口は世界人口の14%に過ぎないことである。
また、すでに世界経済の76%を2ヶ国と1地域で占めていることを考えると、安易にアジア経済圏を構想しても、人口は多いが経済的に影響力が少ないということになる。

5月 1, 2004 at 06:09 午後 国際経済など |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/521273

この記事へのトラックバック一覧です: EU拡大:

コメント

コメントを書く