« イスラエル・ハマス指導者を暗殺 | トップページ | 中国経済の正念場 »

2004.04.18

IMF世界成長予測を上方修正

ロイターより「IMFが今年の世界成長見通しを4.6%に上方修正へ、日本は3.4%に

国際通貨基金(IMF)は、2004年の世界経済見通しを見直し、経済成長率を昨年9月時点の4.1%から4.6%に上方修正する。
ロイター通信が入手したIMFの春季リポート最終案で明らかになった。正式には来週21日に公表される。

2005年の世界経済の成長率は4.4%としている。
2004年のユーロ圏成長率は前回の1.9%から1.7%に下方修正、
2005年は2.3%としている。
2004年ドイツの成長率は1/5%から1.6%に小幅上方修正、
2005年は1.9%成長と見通している。

2004年の日本の成長率は前回9月の1.4%から3.4%に大幅上方修正する。
その上で「日本の予期していなかった堅調な成長とデフレ克服への首尾よい努力は喜ばしい」と指摘した。


本当にこの通りだと良いのだが、このところIMFの予測は当たらないからねぇ~・・・・。
さらに、中国の原材料の輸入急増で、石炭・石油・スクラップ鉄材などが高騰していて、この傾向はすぐには収まらないだろうし、さらには需要増加を見越した産油国の生産制限などもあって、特にアメリカの貿易収支と国内生産力の低下は計算せざるを得まい。
その場合、ドル安傾向が加速する可能性も考慮せざるを得ない。

4月 18, 2004 at 11:18 午後 国際経済など |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/459879

この記事へのトラックバック一覧です: IMF世界成長予測を上方修正:

コメント

コメントを書く