« ムバラク大統領がアメリカ非難 | トップページ | ふそう・のハブ問題・続報 »

2004.04.21

アラン・ケイ氏がチューリング賞受賞

INTEENET Watch より「アラン・ケイ博士、“PC業界のノーベル賞”「チューリング賞」受賞

アラン・ケイ博士らが開発したプログラミング言語「Squeak」のWebサイト「Squeakland」は、米Association for Computing Machinery(ACM)によって、アラン・ケイ博士が2003年の「チューリング賞」に選出されたと発表した。

チューリング賞は、ACMが主催する計算機科学の分野で最も権威のある賞。英国の数学者アラン・チューリング氏の名前を取っており、“コンピュータ業界のノーベル賞”と言われている。ケイ博士の受賞理由としては、オブジェクト指向のプログラム言語「Smalltalk」開発をリードしたことや、“パーソナルコンピュータの父”としての貢献が認められたという。

チューリング賞の審査委員である、ゲーリー・チャップマン博士は、「ケイ博士は、GUIやウインドウ表示といった“ユーザー中心”のコンピューティングをSmalltalkで目指した。また、彼の提唱した、紙のように利用できるという“Dynabook”思想が、PCにおける革新の知的基盤になり、Macintoshのスタイリッシュな外観や、WindowsのグラフィカルなOSに結びついている」と述べている。

チューリング賞の授賞式は、2004年6月5日に米国・ニューヨークのPlaza Hotelで行なわれる予定だ。


アラン・ケイ氏がチューリング賞を受賞するというのは当然だと思うし、むしろまだ受賞していなかったのか、と驚くくらいである。
現代のコンピューターは僅かな偉人のアイデアと多数のエンジニアによって作られて、ほとんど全世界の人たちによって使われている事実は大変なことであると思う。
それにしても「PC業界のノーベル賞」は無いと思うぞ。チューリング賞はコンピュータ全体の賞であるし、アラン・ケイ氏の業績は別にPC専用ではないだろう。

4月 21, 2004 at 09:59 午後 海外の話題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/474152

この記事へのトラックバック一覧です: アラン・ケイ氏がチューリング賞受賞:

コメント

コメントを書く