« 鳥インフルエンザ豚に広がる? | トップページ | アメリカで鳥インフルエンザ? »

2004.02.07

ヘンなニュース

塩と間違え“粉せっけん”でおにぎり小学校児童が吐き気。
産経新聞などによれば、神戸の市立小学校で、女性教諭(53)が教室にあった粉せっけんを塩と間違えておにぎりを作り、口にした児童が吐き気などを訴えた。教諭は「容器の中身をずっと塩だと思い込んでいた」

なんでつまみ食い」でも「試してみるでもしないのだ?
なんかモノを食べるということ自体がヘンになってないか?そりゃ好き嫌いとかはあるだろう、しかし自らの身体を守るという観点から、落ちているジュースなんか飲まないように、教えるべきだろうし、それは常識でしょう。なんか、自分の安全を他人にゆだねて、それが当たり前だと言うのは間違えだと思うが、悪徳商法に引っかかる人も「この会社は信用できるのでしょうか?」と他人に判定をあずけている、ヘンだと思うぞ。


住基カード不正取得で男逮捕・佐賀県警
朝日新聞などによれば、住基カードを不正取得した男が逮捕された。予想通り消費者金融での身分証明に使っていた。不正取得された被害者と犯人は知り合いであった、被害者が「あいつではないか」と指摘したことで逮捕されたのだが、
どうやってカードを自分で受け取ることが出来たのか?であるが、犯人の知人に「封筒が届くから渡してくれ」と頼んだとのことです。この程度のことで他人になりすますことが出来るのでは、住基カードなんて危なくてしょうがないではないか?なんで本人の現住所に通知が行かないのだ?

アメリカでは社会保障番号に身分証明を一本化してしまったために「身分を盗まれる」という事態が深刻化している。日本でも、健康保険証を使うことでニセの身分を作ることが出来るが、健康保険証、免許証・・・・と身分保障の手段が分散しているから、ニセの身分証明を作ること自体が大変で、これが身分を盗まれることが少ないということになっている。

住民基本台帳については、ネットの安全性の話しばかりがニュースで取り上げられ、長野県、杉並区、横浜市などでは混乱ぎみであるが、住基ネットはコンセプトが古すぎて、インターネット以前のデータ集積型データセンター方式である。つまり、物理的な破壊には極めて弱いもので、ネットワーク関係者からは批判が多い。また、集中化の欠陥についてはカード取得といういわばセキュリティホールの問題だということは気づいていなかっただろうか?無視しているのだろうか?

2月 7, 2004 at 11:15 午前 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/173760

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンなニュース:

コメント

コメントを書く