« タレント候補の話題 | トップページ | ヘンなニュース »

2004.02.06

鳥インフルエンザ豚に広がる?

読売新聞より

AFP通信などによると、国連食糧農業機関(FAO)ベトナム事務所長は6日、ハノイのすでに鶏からこのウイルスが検出された地域の複数の豚から鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を検出したことを明らかにした。

豚は鳥と人のウイルスの両方に感染しやすいため、豚の体内では、人への感染力を強めた新型ウイルスが出現する恐れがある。

バンコクのFAOアジア太平洋地域事務所は検査結果について「正式発表まで話せない」としている。

国立感染症研究所の谷口清州・感染症情報センター室長は「新型ウイルスの出現の可能性を正確に把握するため、豚への広がりを早急に調べる必要がある」と話している。

ジュネーブの世界保健機関(WHO)の報道官は6日、ベトナムで豚から鳥インフルエンザH5N1型のウイルスが見つかったとされる問題について「現在、米国、ベトナムの研究者が、鳥インフルエンザの感染地域にいる豚約300頭から検体を採取し、調査を行っているが、現段階では、豚の感染は確認されていない」と述べた。

インフルエンザは、中国のアヒルとブタを同時に飼っている地域でブタのインフルエンザ感染(抗体)を検査することで、人のインフルエンザ予想を出してワクチンを準備できるほど、ブタが鳥インフルエンザに感染したのであれば、人にも鳥インフルエンザの感染が予想の範囲に入った来たと言えます。

いまのところ、ブタの感染が確認されてたとは言えませんが、いままでの経緯から、ある程度以上は危険度の上昇と言えます。

インフルエンザの史上最初の流行はスペイン風邪と言われています。1914年に勃発した第一次大戦の最中である1918年5月末、マルセイユで風邪が流行し始め、15日間で西部戦線の両軍兵士の間で蔓延し、全世界に広がり、全世界で2000万人から6000万人が死亡しました。

最近になって、スペイン風邪の死者でアラスカに埋葬されていた遺体から鳥インフルエンザのウイルスが確認されたという話しが伝わって来ています。

2月 6, 2004 at 10:53 午後 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/172602

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザ豚に広がる?:

コメント

コメントを書く