« 京大研究員逮捕問題 | トップページ | パキスタンの核の父・自供? »

2004.02.05

鳥インフルエンザあれこれ

いろいろな情報が出てきましたが、どうやら今回の鳥インフルエンザの流行は1997年に香港での人への感染以来中国本土で潜伏していたウイルスがより毒性を高めて大流行に至ったという説が出てきました。

中国農業省も国内の防疫体制が不十分あると認め、さらに拡大の可能性があることを示唆しました。
また、新たに7カ所で感染の疑い出て、12の省、自治区、直轄市の21カ所になりました。

英国タイムス紙は中国で鳥インフルエンザですでに数十人が死亡している可能性があり、それを中国当局が隠蔽していると伝えた。

ベトナムでは11人目の死者が出ました。

タイでは、タイの鶏肉の総輸出額の約半分を占める日本が輸入禁止措置を取ったために大打撃を受け、ワタナー商業相は「これ以上禁輸が続けば、日本などへの報復措置も検討する」と語った。

2月 5, 2004 at 11:27 午後 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/169932

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザあれこれ:

コメント

コメントを書く