« 京都の鳥インフルエンザ問題・深刻化 | トップページ | 鳥インフルエンザ・後始末は大変 »

2004.02.28

鳥インフルエンザ・大事件化?

日経新聞より「(2/28)鳥インフルエンザ、兵庫に出荷の鶏も陽性

浅田農産船井農場から兵庫県八千代町に生きたまま出荷された鶏について簡易検査の結果、鳥インフルエンザ陽性反応を確認した。
浅田農産(兵庫県姫路市)の対応の遅れが指摘されており、陽性反応の広がりで、今後同社の姿勢が厳しく問われそうだ。

同農場は卵を産まなくなった鶏を25日に約8800羽、26日に約6700羽、八千代町の食鳥処理場に出荷した。
八千代町に出荷された鶏合計15500羽のうち5600羽は愛知県豊橋市の処理場が生きたまま引き取った。
この5600羽はすでに食肉用に加工され冷凍室に保管されており、近く廃棄する。豊橋市までの運搬では名神・東名高速道路が利用されることが多いことから、愛知県は同道路の両側5キロの範囲にある養鶏農家の健康状態の聞き取り調査を進めている。

「(2/28)死んだ鶏は6万7000羽に」

浅田農産船井農場では、28日までに死んだ鶏は6万7000羽になった。山田啓二京都府知事は28日、同農場に対し、生きている鶏を含め飼育していた20万羽すべてを自主的に処分するよう指導する方針を明らかにした。

産経新聞より「大量死発生、慌てて出荷…京都の養鶏場」

鳥インフルエンザウイルス陽性発覚前に生きたままの鶏約1万5000羽を出荷した浅田農産(兵庫県姫路市)の浅田肇会長は28日、大量死に気付いた直後に「死んだら引き取ってもらえない」と当初予定を早めて出荷していたことを明らかにした。
出荷した鶏から陽性反応が出たことについて、浅田会長は「移動させた判断が甘かった。責任を感じている。謝罪したい」とし、日本養鶏協会(東京都)の副会長など業界関係の役職を辞任する意向を示した。
浅田会長は「体が弱った鶏を処理場に出すのは業界では一般的。鳥インフルエンザとは思わなかった」と釈明した。

浅田農産の一連の行動は防疫上の観点から論外であって、ほとんど犯罪的とも言えるが、法的には違法とは言えないようです。しかし「鳥インフルエンザだとは思わなかった」というのは、一般常識としてこの時期に大量死が起きても鳥インフルエンザだと思わないというのが無理があるし、第一防疫の観点からは移動させずに検査することが優先されて当然だろう。まして浅田農産の会長は日本養鶏協会の副会長である。業界の指導的な立場にある会社のやる事ではない。

2月 28, 2004 at 10:15 午後 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/243694

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザ・大事件化?:

» 鳥インフルエンザ、兵庫でも「陽性」 トラックバック ネコと自転車チャンネル
どこのニュースも鳥インフルエンザとヤホーBBの話題しかないような状況で、うんざりな人も多いかも。でもやっぱり自分に少しでも関係あることは気になってしまうもんで... 続きを読む

受信: 2004/02/29 5:04:24

コメント

1.浅田農産の行為は未必の殺人(未遂?)です。
  状況も危険度も承知の上なので断固有罪です。
2.背景は今までの農業保護政策にあるのではないか。
  作れば(飼えば)なんぼの補助(金)政策に取り憑いた
  寄生虫だからです。
3.市場の評価と信用で売れ行きが決まる市場原理を
  徹底させないと、この様なことは類似の事件として
  繰り返されるでしょう。
4.経営は当然リスクを背負っているものですから、県側も
  出荷停止命令を出しても補償をしなくても良いように
  する必要があります。そうしないと被害拡大を防止
  (消費者保護)を全うできません。
5.土建業界と同じく、こういった業界はすぐに政治活動に
  主力をおく傾向があります。保護政策があるから群がる
  のだから利益の大半を貢ぎ物に使い果たし、それでいて
  自分たちは零細業者で保護が必要だと喚き散らす太った
  乞食だ。
6.責任者には失職と破産を!(生きて浮世の儚さを知れ!)
  実行者達には死んだ鳥を生で食わせろ。

投稿: 陪審員 | 2004/02/29 10:40:03

陪審員さん、コメントありがとうございます。

まだ、調査中なんですが、法的な対処が一筋縄ではいかないようです。
ストレートには家畜伝染病予防法の適用を受けるのだろうと思いますが、この法律は特に「業として家畜を飼育する」という規定は無いようです。
明らかに、処理費用を税金で負担し、関係した企業に損害を与え、業界を中心に間接的な打撃を与えるという、金額に換算すると多大な損害を与えても、直接的な法律上の責任は無いようです。
だからと言って、民事上の損害の算定を難しいわけで、法律の改正も必要なのではないかと思います。
工業製品では製造物責任が追求される時代だし、トレーサビリティも野菜までやろうという時代に、故意あるいは過失で伝染病の家畜を出荷しても責任が問われないというのは無理がありすぎです。

投稿: 酔うぞ | 2004/02/29 10:55:22

コメントを書く