« 東京ゼネラル事件と商品先物取引 | トップページ | マイクロソフトの商法 »

2004.01.10

LGカード、危機を切り抜ける

韓国の大手クレジットカード会社LGカードの危機が救われたようです。
韓国・中央日報「LGカードが劇的回生…10日からキャッシングサービス再開」との記事を9日付で掲載した。ところが、前日8日には「LGカード、キャッシングサービスをまた中断」とのという記事が出ていたくらいの、ピンチでした。。
ここ一週間ぐらい世界的なニュースのレベルになっていてBBCがビジネスニュースで詳しく現地取材をしたほどでした。
韓国は1997年のアジア通貨危機でいわゆるIMFショックを経験しています。
これは、完全に貿易決済資金が不足してしまって、企業で言えば倒産状態つまりディフォルト(支払不能)宣言を出すかどうか?という状況まで追い込まれました。
BBCによれば、この時の経験で韓国内での消費セクターの成長の必要性を感じた政府が、政策として個人にクレジットカードの所有を勧めたのだそうです。

その結果、個人のクレジット破産や踏み倒しなども多く、大手クレジットカード会社のLGカードが多額で、かつ回収の見込の無い不良債権を抱え込んでしまった。
ということだそうです。LGと言えば有力財閥で日本でも有名な会社ですが、LGグループがサジを投げたので、銀行団などが救済に入るということになったようです。

BBCでは若い女性が「すべての銀行のクレジットカードを持っていた」とか、料理屋さんのご主人がクレジットカードで1000万円(?)の負債がある、といった過剰借り入れを反省しているというトーンの放送でした。
これが事実だとすると、韓国の消費者はクレジットカードの利用を初めとして、消費抑制に向かうのでは無いでしょうか?

1月 10, 2004 at 02:22 午後 国際経済など |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/88949

この記事へのトラックバック一覧です: LGカード、危機を切り抜ける:

コメント

コメントを書く