« ミッドウェイ臨時寄港その後 | トップページ | LGカード、危機を切り抜ける »

2004.01.09

東京ゼネラル事件と商品先物取引

紀藤正樹弁護士のココログ「先物取引業界の現実と情報労連の加害者性」として東京ゼネラルの破綻について詳しい記事が載っています。
東京ゼネラルという社名を聞いて分かる人は通です(^_^;)
商品先物取引の会社で東京ゼネラルといいながら、本社は福岡で商品取引会社としては大手と言われてきました。

先物取引とは、文字通り将来の売り買いを予約するものです。
予約とは言ってもキャンセルは出来ませんから、売り買いが成立した時点で将来売るのなら売るべき品物を渡す、買うのなら金額が幾らでも引き取るという取引です。
将来の価格ですから、取引としては時価ですらありません。もちろん市場価値などでもない、取引の対象には金など金属、石油類、トウモロコシや小豆など穀物、外貨や債券など、株式の信用取引も先物取引です。

単純化するために、小豆など農産物を例にします。農産物は年中出来るわけではありません。収穫期というものがありますし、収穫してみないと生産高そのものが分かりません。
しかし、需要家たとえばアンコを作るために小豆が必要というお菓子屋さんにとっては、小豆が時価ではアンコを使うおまんじゅうの価格を時価にしないとやっていけません。しかし、これではお客が納得しない。
仕方ないから、小豆が収穫する以前に「この量の小豆を引き取る。値段は関係ない」という買いの注文を出します。もちろん、実際に小豆を使うお菓子屋さんにとっては、小豆に使える予算は決まっているでしょうから、収穫が少なくて高くなると予想すれば、買う量を減らすか、製品であるおまんじゅうの値段を上げることになります。一方、もし小豆が取れすぎで価格が暴落したとすると、お菓子屋さんは小豆を安く仕入れることが出来て、原価が下がります。
では、売る方はどうか?売る方だって収穫していないのですから、「これだけの量を売る」という約束をしても、それは保証できない。しかし、よそから高く買ってくれば、量を揃えることはできる。もちろん大損ですが・・・。
こうして、小豆の価格が決まるという、価格形成能力が先物取引にはありますし、必要なことです。

しかし、この「売る」「買う」を約束するだけで、現物を引き取らない取引もあります。そして商品先物取引で儲けるとはこの、紙だけの取引のことを言います。要するに将来の約束ですからバクチに他ならないわけです。
この点、株式とか債券であれば現物をもっていることが可能ですから、先物取引でもかなり安全に取引することは可能です。

先物取引(株式の信用売買も含む)の危険性は、証拠金という制度にすべてがあります。
なにしろ、決済は先なので、取引の時点では基本的に頭金しか払わないで取引に参加できるのです。取引契約の金額は払い込んだ証拠金の何倍にもなりますからほんの少しの、買った商品や株式の上昇でも払い込んだ証拠金を原価とすると、大変な高利益になります。問題は損する時も同じだということです。払い込んだ証拠金の何倍・何十倍という損をすることがあります。

株式が比較的安全というのは、自分の手元に株式を保有しておくことが可能なので(小豆とか石油じゃ無理ですが)株券を渡せば、資産の損にはなりますが持っている資産の範囲で収まることです。商品取引ではそうはいきません。試しに1月8日の原油取引の参考現物価格は1キロリットルで2万円弱です。水なら1キロリットルは1トン、ドラム缶で5本です。それが2万円弱。現物を100万円買ったら、ドラム缶で50本。とてもじゃないけど現物は扱えません。

東京ゼネラルについてのいろいろは紀藤さんのココログを読んでいただくとして、商品取引は素人が手を出す世界じゃありません。実務家が価格形成のために「この品物は価値は?」と市場に聞くのは正しいことで必要ですが、最終的には市場全体としては損得が0になります。損した人と得した人が同時に居て、全体としては損得が0になるから、市場が形成されたと言えるのです。従って、商品取引は非常に特殊な例を除けば、最終的には儲からないのが当たり前とも言えます。逆に原料を仕入れる業者にとって、仕入れた原料では損も得もしなかった、安定した価格で仕入れていたという証拠は、その長期間の仕入れにおいて損をしたり儲けたりして、結果的に損も得も無いから公正な価格で仕入れていた証拠になるといった性格のものなのです。

1月 9, 2004 at 11:57 午後 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/87771

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ゼネラル事件と商品先物取引:

» 東京ゼネラル続報!-政界との関係 トラックバック LINC TOP NEWS-BLOG版
先物業界と政治家との関係です。 自民党東京都第十選挙区支部の場合、商品先物取引業界からの献金は、商取政策研究会(東京・豊島区、二百四十万円)、日本ユニコム(同・... 続きを読む

受信: 2004/01/11 23:28:05

» 続・東京ゼネラル事件 トラックバック 酔うぞの遠めがね
紀藤正樹弁護士のココログに書かれている、商品取引先物会社・東京ゼネラルが情報労連に対しての債務について、読売新聞に記事が出ました。新聞記事の概略は次の通りです。... 続きを読む

受信: 2004/01/12 11:40:24

コメント

半年後、ぐらいに、金が、戻るとの。
東京ゼネラルの、手紙が、来たが。いくら戻るのか?
本当に戻るのか?
不安です。
外貨の証拠金も、よそで、してるので、他の会社は、OK?なのか、不安です。

投稿: 原 俊一 | 2004/02/09 12:16:12

半年後、ぐらいに、金が、戻るとの。
東京ゼネラルの、手紙が、来たが。いくら戻るのか?
本当に戻るのか?
不安です。
外貨の証拠金も、よそで、してるので、他の会社は、OK?なのか、不安です。

投稿: 原 俊一 | 2004/02/09 12:16:17

原 俊一さん

わたしは特別に商品先物に詳しいわけじゃありませんが、失礼ながら原さんの

>外貨の証拠金も、よそで、してるので、他の会社は、OK?なのか、不安です。

というのでは、先物から撤退した方がよろしいと思いますよ。

投稿: 酔うぞ | 2004/02/09 15:32:51

大変勉強されましたが、まだまだですね!(。-∀-)
もっと奥は深いですよ。

此の続きが聞きたいなら警察を交えて話してください。
わたしも警察にはいろいろお世話になっていますが、
最近はけいさつもこうmypれしおうす。

土曜、unndastanndo????

joinus、lhaveanyplanning。

( ̄▽ ̄;)は!

三秒後には忘れてるので気にしないでね。
例能力と自我のある人には気を付けましょうね(笑)

デハマタadiosチアオさようなら

The end.bangfromscratchfromhimfromscratchtoplayonUSA
But my statement is unknowing.Please Veryvery careful me toyou.
Hahahahaha,you have a good night TODAY.

Ha!!!!

Thankyou for reading That's pay my reading books skill,Pleasechearefulafter the this koments ........
Good bye my sweet mine child soulfullnaki

投稿: チハールってよんでね | 2014/12/22 4:45:51

コメントを書く