« デフレ・インフレ | トップページ | 珍しい飛行機のトラブル »

2004.01.05

SARS騒動混とん

台湾で研究者がSARSに接触感染して以来、二人目の患者として広州市で隔離されていた、フリーのテレビプロデューサーの感染が香港での検査の結果確認された。
その一方、フィリピンのマニラでは香港で家政婦として働いていて12月20日に帰国した女性が、SARS感染の疑いで隔離された。

さらに、一部報道では広州市で野生動物を扱うレストランの従業員の女性がSARS感染との報道があったが、広東省の衛生当局は記者会見を開いて感染に否定的な見解を示した。

予想以上に感染者が出ていると思うし、油断はできないと思う。

日経新聞
中国衛生省、広州市男性のSARS感染を確認
比保健省、新型肺炎感染の疑いで女性を隔離

CNN
広州SARS患者を確認、 フィリピンでも隔離

読売新聞
広州の女性、新型肺炎か…香港紙報道も当局否定的

1月 5, 2004 at 09:53 午後 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/75564

この記事へのトラックバック一覧です: SARS騒動混とん:

» 続・SARS混とん トラックバック 酔うぞの遠めがね
広東省で大陸で二人目のSRAS感染者が確認された。患者は、野生動物を提供するレストランの女性従業員とされるが、一時否定の報道もあった。WHOも現地調査に入った。... 続きを読む

受信: 2004/01/09 11:26:36

コメント

コメントを書く