« 鳥インフルエンザ、色々な問題 | トップページ | 青色LED発明対価200億円 »

2004.01.30

興味深い記事あれこれ

電子ブック専用リーダーΣBookいよいよ発売。

ΣBookの現物は昨年の WPC EXPO で参考展示されて、本格的な電子ブックシステムのためのハードウェアとして、話題になっていた。ΣBookは写真のとおり見開きであること以外はほとんどB5版のPCのような「固いモノ」であるが、曲がる液晶などより紙に近いモノの方が紙の本に取って代わるのには大事な要素ではないかと個人的には思っています。また、コンテンツの配布方法も販売した場合には違法コピーの防止技術が問題になり、一定期間だけ読むことが出来るというリース(利用権販売)の場合にはデータのチャージ(購入)には、書店やキオスクで出来ないとメリットが無いでしょう。いずれにしろまだまだ不透明であります。

017a.jpg 017b.jpg


裁判員制度の骨格案を政府が公表

裁判員制度が、裁判官3人、裁判員6名を原則とすることで、政府案がまとまった。
対象となる裁判は、法定刑に死刑か無期懲役(禁固)を含む事件か、故意の犯罪で人を死亡させた事件、とされて第一審(地裁)だけで行われる。対象事件は全国で2800件程度になる見込みで、補充裁判員も含め年間約12万4000人が裁判員候補になる計算。裁判員は、特定の要件で免除される人以外には選挙権を有する20歳以上の人とされ、国民の義務となります。

地方裁判所は次の46裁判所です。この他に地裁の機能がある支部があるかと思いますが、いずれにしろ、裁判所の数は少なく、例えば東京だと霞ヶ関にあるだけですが、島嶼部の住民の方々は他にも多々の不便がありますが、それでも23区内と島嶼部は霞ヶ関、それ以外の市部、と三多摩地区は八王子支部の扱いになります。まして、北海道だと札幌、旭川、釧路、函館ですから、そこに裁判員として裁判所に通うのはとても大変です。

札幌地方裁判所、旭川地方裁判所、釧路地方裁判所、函館地方裁判所、仙台地方裁判所、福島地方裁判所、山形地方裁判所、盛岡地方裁判所、秋田地方裁判所、青森地方裁判所、東京裁判所、横浜地方裁判所、さいたま地方裁判所、千葉地方裁判所、水戸地方裁判所、宇都宮地方裁判所、前橋地方裁判所、静岡地方裁判所、甲府地方裁判所、長野地方裁判所、新潟地方裁判所、名古屋地方裁判所、津地方裁判所、岐阜地方裁判所、福井地方裁判所、金沢地方裁判所、富山地方裁判所、大阪地方裁判所、京都裁判所、神戸地方裁判所、奈良地方裁判所、大津地方裁判所、和歌山地方裁判所、広島地方裁判所、山口地方裁判所、岡山地方裁判所、鳥取地方裁判所、松江地方裁判所、福岡地方裁判所、佐賀地方裁判所、長崎地方裁判所、大分地方裁判所、熊本地方裁判所、鹿児島地方裁判所、宮崎地方裁判所、那覇地方裁判所

1月 30, 2004 at 12:19 午前 新商品やお買い物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/148463

この記事へのトラックバック一覧です: 興味深い記事あれこれ:

» ΣBook トラックバック Love Books
読書用端末「ΣBook(シグマブック)」を書店、ネットで販売開始 2月20日発売開始のΣBook。どうですか、みなさん。 これが4万円ぐらいして、これで読むデー... 続きを読む

受信: 2004/02/09 14:56:41

コメント

コメントを書く