« 拡大続く鳥インフルエンザ | トップページ | 興味深い記事あれこれ »

2004.01.29

鳥インフルエンザ、色々な問題

タイでは全国76県の内、前日の25県から31県に拡大したことが確認された。タイで処分された鶏は1000万羽にのぼった。

英科学誌ニュー・サイエンティストの電子版は28日、鳥インフルエンザの発生時期は「昨年上半期」で、流行源は中国と見られると報じた。

動物園に大丈夫か?学校の飼育当番は安全か?との問い合わせ。

台湾でアヒルに感染、1万羽を処分。

鳥インフルエンザの人への感染が確認されたのは、1997年に香港で感染した18人のうち6名が死亡した例とされています。ニュー・サイエンティストはこの時に中国で防疫に失敗したと報道しています。タイでの大流行も当初タイ政府が鳥コレラであるとして、対処が遅れたことが原因であるとされている。これらはいずれも、昨年のSARS流行における情報開示の遅れが世界的な流行にしたと言われたことと、同根であると言われても仕方ないだろう。EUではペットの鳥の輸入を規制した。

1月 29, 2004 at 11:18 午後 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/148190

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザ、色々な問題:

コメント

コメントを書く