« 火星探査船スピリット稼働 | トップページ | BSE問題・続報 »

2004.01.17

鳥インフルエンザ、徐々に拡大?

読売新聞の記事によれば、台湾で鳥インフルエンザの感染が確認され約2万羽のニワトリを処分することになりました。一方、中国中央テレビは「中国では鳥インフルエンザの感染は確認されていない」と放送しました。

日経新聞によれば、山口県阿東町の鳥インフルエンザの感染原因が、一時有力だと思われた渡り鳥説に対して、農水省系の専門家から否定的な見解が出てきました。

阿東町の鶏舎では、7つある鶏舎のうち「1号鶏舎」「3号鶏舎」「2号鶏舎」「4号鶏舎」と感染した。つまり約半数の鶏舎で感染・死亡したのだが、距離が離れている鶏舎では全く死亡していなかった。阿東町の鶏舎は成鳥を飼育するところで、ヒヨコは系列会社の別の鶏舎で成鳥したものは導入していて、阿東町のニワトリはすべて同じ導入元(系列会社)から来たニワトリであるが、この系列会社の鶏舎では鳥インフルエンザは発見されていません。このため調査した農水省の食料・農業・農村政策審議会「家禽(かきん)疾病小委員会」は「1号鶏舎の1羽から感染が広がったとみられる」との見解をしめし、さらに、
韓国からの渡り鳥による感染に否定的見解を示した。感染源として、人やトラック、飼料などを挙げたうえで「元々病原性を持ったウイルスがこれらに付着して1号鶏舎の鶏に感染したのではないか」と推測した。

1月 17, 2004 at 09:47 午前 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/109159

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザ、徐々に拡大?:

» タイ産の鶏肉、輸入一時停止 トラックバック 酔うぞの遠めがね
農水省はタイからのニワトリの肉など家禽(かきん)類の肉の輸入を一時停止した。 これは、タイの上院議員(医師)が3人の鳥インフルエンザ感染者とみられる患者を検査し... 続きを読む

受信: 2004/01/23 0:42:42

コメント

コメントを書く