« 続・先物市場について | トップページ | 一票の格差5.06倍に合憲判決 »

2004.01.14

鳥インフルエンザなど

鳥インフルエンザなど

山口県阿東町で発生した鳥インフルエンザは、新たに約2300羽が死に、これまでに死んだ数は計約8300羽になり、残りのニワトリ2万6千羽も埋め立て処分することになりました。半径30キロで規制すると言われますが、実に地図の通りです。韓国で昨年末に発生した鳥インフルエンザでの規制は半径3キロだったと言われます。

コイヘルペスウイルス、BSE、鳥インフルエンザと連続していてシャレになりませんが、アメリカのBSEは大変な問題になりつつあります。

米農務省は12日発表した最新の農産物需給予測で、同国初のBSEで各国の米国産牛肉輸入禁止が長引けば、今年の牛肉輸出額が前年比で91.5%減る恐れがあるとの見通しを示した。

アメリカとカナダは日本の全頭検査の要求に応じない姿勢のようですが、

国連食糧農業機関(FAO)は「多くの国でBSE管理体制は依然不十分。日本同様に全頭検査をするべき」と発表した。

アメリカの牛肉を各国が輸入禁止にしたために、オーストラリア産の牛肉の価格が急上昇している模様です。

感染牛が確認されていない豪州産に代替需要が集中した。東京地区の指標品(冷蔵)は5日、1キロ950円と米国産輸入停止直前の昨年12月23日と比べ270円(39.7%)高い。

鳥インフルエンザのウイルスは韓国・ベトナムで発生したものと同一の型であると確認されました。

農林水産省は13日、同県で確認されたウイルスは韓国やベトナムで流行しているものと同一のH5N1型だった、と発表した。

韓国では、鳥インフルエンザは制圧したと思われていましたが、新たな大量死がありました。

韓国の慶尚南道・梁山市は13日、の養鶏場で約1万8000羽の鶏のうち約4000羽が9日に大量死したため精密検査をした結果、鳥インフルエンザへの感染が確認されたことを明らかにした。
韓国では昨年12月15日に忠清北道・陰城郡で鳥インフルエンザ感染が確認されて以来、今回が16カ所目。今年に入ってからは2日に忠清南道で確認された1例だけで、発病時期も昨年であり、農林省では、韓国の鳥インフルエンザの流行は峠を越し、沈静化しつつあるとみていた。

鳥インフルエンザが大流行にならないのであれば、良いのですが鳥の価格が上昇するようだと、外食産業にとってはかなり大変な状況になるでしょう。

mfwmapserv

1月 14, 2004 at 12:17 午前 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/99538

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザなど:

» アメリカ式飼育法の輸入 トラックバック カルテ
鳥、鯉のウイルス感染が伝えられています。すべてある面積に対して多くの生き物を能率的に飼育しようという、能率主義の方法の破綻だと思います。いわゆるブロイヤー処理し... 続きを読む

受信: 2004/01/14 12:54:21

» 鳥インフルエンザ、徐々に拡大? トラックバック 酔うぞの遠めがね
読売新聞の記事によれば、台湾で鳥インフルエンザの感染が確認され約2万羽のニワトリを処分することになりました。一方、中国中央テレビは「中国では鳥インフルエンザの感... 続きを読む

受信: 2004/01/17 9:48:02

» 馬インフルエンザもあるぞ! トラックバック だいぶろぐ
どこもかしこも鳥インフルエンザの話題で持ちきり。 marronさん coolsurf_recさん 酔うぞさん はせまなさん 死者も出ているそうで、食肉業界にとっ... 続きを読む

受信: 2004/01/29 11:14:51

コメント

はじめてこちらにかきこします、Nariです。
 牛肉につづいて、鶏肉も危ないとなると後は魚?
 外食産業だけでなく、肉屋さんとかも被害が出ているのではないでしょうか。知り合いが、家畜の飼料を作っている装置の製造メーカーにいますが、えらい影響を受けているようです。
 一昨日の日曜に焼肉を食べに行きましたら、それなりに人が入っているようでした。(前のBSEほど、酷い状況では無さそうですが)

 一度目はめちゃめちゃ騒ぎが大きかったけど、二度目は鈍くなっているのかな?それとも冷静になっているのかな?

投稿: Nari | 2004/01/14 12:17:17

どもども Nari さん(^_^)
ちょっと怖いところでもあるのですが、BSEでも、日本では人間の患者は出ていないようですし、SRASについても同じ。
つまり、外見的には防疫については成功していると感じているから、韓国の鶏肉料理屋さんのように「売り上げ半減」」なんてことにはなっていないのでしょう。
逆に言えば、鳥インフルエンザがいきなり拡大するなんてことがあると、パニックになる可能性はありますね。
鳥インフルエンザの2例目が出ないという保証はなく、むしろ出ると思いますが、それがどの程度のものか、によると様子見なんじゃないでしょうか?

投稿: 酔うぞ | 2004/01/14 12:41:42

こんにちは。
コメントありがとうございました。

O157や地震災害などもそうですが、こういった話題は
「のど元過ぎれば」になってしまいがちですよね。
話題性だけでに踊らされずに、慎重に見守って行こうと思います。

のど元過ぎなくても食べてる人がいるようですが…
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20040128id35.htm

投稿: だい | 2004/01/29 14:01:11

コメントを書く