« 正月の新聞記事がこれとは! | トップページ | デフレ・インフレ »

2004.01.03

アメリカのBSE騒動

産経新聞にはBSEについて次の記事が出ている。
原則として、上が新しい記事である。

米、カナダ牛の輸入再開先送り
メキシコで牛肉価格30%上昇へ
DNA鑑定結果は来週前半 米BSE感染牛
「へたり牛」食用全面禁止 米農務省が追加安全策
米BSE余波…牛丼が消える? 吉野家、新メニューや休業増加へ
米、全頭検査に難色、BSEで初の対日協議
日本政府、米産牛禁輸緩和を検討
BSE感染牛 米政府発表「カナダから」輸入再開変更も
それでも食べる牛肉BSE感染牛がみつかった米
「結論は時期尚早」カナダ側が反論米BSE感染牛
カナダから輸入米BSE感染牛


記事のタイトルだけでもアメリカのBSE政策は支離滅裂であります。
この先どうなるんでしょう。

1月 3, 2004 at 09:10 午後 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/70282

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカのBSE騒動:

» 農水省:「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」 トラックバック BSE&食と感染症 つぶやきブログ
結局、「危険部位除去」だけでは、BSE対策の要にはなり得ないことがよくわかる記事をUPします。飼料管理がなっていない牛など食べられませんね。20ヶ月以下なら輸入OK、などと適当な回答を作成した「日米実務者会合?」のメンバー個人個人が責任を持って尻拭いをしていただきたいものです。罷免請求とかできないのかな? ■農水省:「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」 農水省、OIEに牛肉輸入条件緩和�... 続きを読む

受信: 2005/05/18 11:00:00

コメント

コメントを書く