トップページ | 2003年12月7日 - 2003年12月13日 »

2003.12.06

100%ホンダ製双発ジェット機

読売新聞より

>100%ホンダ製双発ジェット機、米で試験飛行へ
>
> ホンダは4日、小型ジェット機「ホンダジェット」を開発したことを明らかにした。
>今月17日、アメリカで初の試験飛行を行う。
>
> 「ホンダジェット」は全長12・50メートル、全幅12・20メートル、高さ4・02メートルで、パイロットを含めた定員6―8人乗りのビジネス用の小型機で、ホンダが独自開発したジェットエンジン2基を主翼の上に搭載している。
>
> ホンダは、現時点では、ジェット機の販売など事業化の計画はないとしているが、航空機エンジンについては、アメリカの企業と共同で、事業化に向けた市場調査を実施している。

ホンダは本田宗一郎氏が「飛行機のエンジンはなんて低性能なのか?」と気づいて「ホンダなら高性能な航空機エンジンを作れる」として、実際にエンジンを作ってしまい、そのエンジンを利用した航空機設計コンテストを朝日新聞と共同企画で募集した。
ところが、この高性能航空機エンジンは全く売れなかった。
その後も、トヨタとポルシェが航空機エンジンを完成させたことは知っているが商品化されたという話は聞いていない。

これは、航空機のエンジンが機体に固有のものではない、ということが一番大きい。
つまりエンジンは同じエンジンを使用する飛行機の共有なのである。
もちろん、商用ジェット旅客機などでは「航空会社のエンジン」は当然あるが、それでも同型エンジンを使う航空機会社とはエンジンを融通しているくらいだ。

この結果、エンジンだけを進歩させるわけにはいかない、ということになる。
つまり、機体、整備、販売など全部を見通した巨大ビジネスになっている。
かくして、航空機メーカーもエンジンメーカーもどんどん統合されて激減してしまった。
アメリカだと、大型機や軍用機のメーカーはロッキード・マーチン社とボーイング社だけになってしまった。

その一方で、アメリカでは飛行機も「試作機」と届け出れば、ホームビルドでも飛行可能である。
今回のホンダがエンジンも機体も作ったというのは、技術的にはすごいことで、随分と勉強になったとは思うが、ビジネスとしての将来像は全く不明だろう。
アメリカで飛行するというのは、ホームビルド機と同じ事と言える。

では、アメリカのマイナー(と言うしかない)航空機製造業界(なのか?)の状況はどんなものか?
というと、ジェット機をボンボン飛ばしている。
中には、かなりトンでもないものまであって、複合素材で出来ている機体なんてものも飛ばしている。
いったいこんなものを作って、将来どうするのだ??と思うようなものではあるが、屁理屈は幾らでも見つかるようで麻薬取締専用とか言っている。

ホンダの今回の、飛行機製作とはどういう意味があるのか、よく分からない。
hondajet02

12月 6, 2003 at 01:25 午前 もの作り | | コメント (5) | トラックバック (0)

2003.12.05

なかなか難しいですな

ココログは確かに ftp なんか考えないで、単に掲示板に書くように出来るけど、これが細工をしようとするとそれなりにアプリケーションを動かすべきだということになります。
(いろいろと単語登録なぞしている人も居ますがぁ~)
もう一つ、個人的に大きな問題としてタブレットPC問題というのがあります。
この文章はデスクトップから入力していますが、タブレットPCを居間でテレビなど見ながら入力するとういことも出来ますし、その方が良い場合も多い。
ところが、タブレットPCというのはFDとか当然無いので、パスワードが掛かるような掲示板などは読むだけになってしまっていました。
そこにココログなので、こりゃなんとかしないといけない。
つーわけで、USBメモリの小さいのを買ってきて、これをFD代わりにすることしました。
簡単とは言え、まだまだハードルは高いねぇ~。
USM16A.jpg

12月 5, 2003 at 04:57 午後 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2003.12.04

ココログの反応

ちょっとお手伝いしている、福祉法人のネットワーク構築に伺った。
その場で、ちょっとこの「酔うぞの遠めがね」を見せて、ざっと説明したのだが「うちぐらいのHPには丁度良いかも」という感想でした。
わたし自身もそうなんだけど、本格的なHP云々というのは、ハードルが高すぎると思う。
そして、最近ではハードルが高いということがけっこう伝わっていて、それこそ福祉法人といったところは、そこに通われている方々のお家との連絡などインターネットに期待するところは大きいのだけど、HPではちょっと手が出ない。
ということなのだと思いますわ。
テンプレートとして、HP代替のものを作るのもありかもね。

12月 4, 2003 at 09:56 午後 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (1) | トラックバック (0)

ヘンな道具?

先日、宴会の行きがけに肩のマッサージ器を買った。
宴会場ではそこそこの人気であったのだが、家に持って帰ってきて本格的(?)に使ってみると、けっこう良いものであった。
ま、マッサージ器に依存するのは良くないとは言われているけど、とりあえずいいか(^_^)
EV273-A.jpg

12月 4, 2003 at 10:30 午前 新商品やお買い物 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2003.12.03

すごいな

ニフコンの事務局にウィッチハンター・ロビンの11巻までを持ち込んだのだが、11月28日に最終の13巻が発売されて完結した。
ウィッチハンターだから魔女狩りなのだが、なんとまぁ最終回での種明かしは遺伝子操作の話しであったとなった。
人間に対する遺伝子操作というのはかなり限定的で、例えば発症確実な遺伝病を抑止するといった用途が主だろうと思っていたら、なんと、人口DNAという話が出てきた。

日経新聞より

  > 神戸大医学部(神戸市)の松尾雅文教授らは3日、
  >デュシェンヌ型筋ジストロフィー患者に対する
  >合成DNAを使った世界初の治療について、
  >遺伝子の働きに変化がみられ効果が確認されたと発表した。
  >
  >患者は副作用もなく、同日退院した。
  >松尾教授は「治療はほぼ成功したといえる」と話している。
  >
  > 松尾教授によると、患者筋肉を形作るタンパク質
  >「ジストロフィン」をつくる遺伝子が欠けているため、
  >今年10月29日から11月19日まで計4回にわたり、
  >人工合成したDNAを投与したところ、
  >リンパ球で一部の遺伝子の作用が改変された。
  >合成DNAの投与は、今後も定期的に続けられる。

すごい時代になったもんだ。

12月 3, 2003 at 02:57 午後 医療・生命・衛生 | | コメント (5) | トラックバック (0)

これが ココログ だって

昨日からココログが始まりました。
ただいま、構築中であります。
Webと同等かそれ以上のインパクトがあるとも言われています。
わたしの関わる分野については、blog の方が向いているかも?と思っています。

酔うぞ拝  http://www.nifty.com/keyman/

12月 3, 2003 at 01:32 午後 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (6) | トラックバック (2)