« 外交官射殺事件についてのうわさ | トップページ | すごい国があるんだ »

2003.12.08

消費者(の)問題相談

紀藤正樹弁護士が開設している消費者問題総合掲示板では回答者になっているのですが、最近増えている債権回収詐欺の相談に「一番良いのはどうすれば」というパターンが増えています。
まるっきりのオレオレ詐欺のようなのはさすがにないのですが、携帯電話でエロサイトにアクセスしたとか、インターネットでアクセスしてしまったかもしれない、といったことが相談のベースになっています。
一番わからないのが「請求書が来たから払うべきか?」という相談だということです。
繰り返し説明していますが、商取引なんだから双方が合意しないければ、請求と支払は成立しないわけです。それを本人がよく分からないのに、請求が来たが払うべきか?になるのだろうか?まったく分からない。

12月 8, 2003 at 12:47 午前 セキュリティと法学 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/13104

この記事へのトラックバック一覧です: 消費者(の)問題相談:

» 絶対払いません トラックバック ひねもすのたりのたりかな
ついにウチにも来た来た来ましたですよ。「通信サイト使用料未納」と称した悪質商法の手紙。実は事前に某サイトから「個人情報漏れました。ごめんなさい。」メールが届いて... 続きを読む

受信: 2003/12/12 10:54:19

» ココログの広報力? トラックバック 酔うぞの遠めがね
去年の記事にコメントをいただいたが、なんと業者間の争い(裁判)についての広報記事だった。消費者問題を扱っているので、広報媒体として使えるという判断のようです。そ... 続きを読む

受信: 2004/09/03 17:04:12

コメント

ショップチャンネル「ダニ捕りシート ダニの宿」事件 裁判報告
http://www.nikkaku-j.com/saiban/sc-top.html

日革研究所は平成16年8月4日、神戸地方裁判所においてジュピターショップチャンネル株式会社(東京都中央区 代表取締役 大橋茂)を不正競争防止法2条1項1号その他に基づき、同社がテレビショッピング番組「ショップチャンネル」にて販売しておりました製品「ダニ捕りシート ダニの宿」の販売ならびに広告差止及び損害賠償を求める訴訟を提起いたしました(事件番号 平成16年(ワ)1744号)。
また、同じく不当景品類及び不当表示防止法4条1号に基づく品質誤認表示により公正取引委員会への申告を行いました。

投稿: komori | 2004/09/03 16:40:47

コメントを書く