« 100%ホンダ製双発ジェット機 | トップページ | 消費者(の)問題相談 »

2003.12.07

外交官射殺事件についてのうわさ

CATVで朝日新聞系列の朝日ニュースターというチャンネルを見ることができます。
愛川欽也が司会をする「パックイン・ジャーナル」といういささか騒々しい番組がありますが、常駐のコメンテーターに軍事に詳しい田岡俊次氏が出演しています。
こういう背景の番組ですが、12月6日の放送で「米軍誤射説」がついに出てきました。
一部の人たちは米軍の誤射ではないか?という疑いが語られていましたが、少しずつ明らかになってきた状況をすべて説明できるのは米軍誤射説だということです。

わたしが理解している点では、
軍用の自動小銃を使い、かなり上手な射手が撃っていること。
アメリカ軍が証拠品の車をいまだに返還しないこと。
東京で行われた、司法解剖の結果については、銃弾についての説明をノーコメントとしたこと。
車両は拳銃の弾丸には耐える能力のある装甲が施されていたこと。
ボンネットに前方から銃撃された弾痕があるが、フロントウインドは撃たれていない。

といったところです。
その他の情報でも、100キロ以上で走行中の車を3~4台で取り囲んで銃撃した。
といった情報もあります。ここであえて大胆な予測をすると。

大使館を出発した車は、ナンバーを外し、装甲してあり、アンテナを装備している、かなり怪しい外見の車であった。ナンバーを外したのは大使館の車であることを隠すためであったが、他の装備がかえって怪しい車に見せかけてしまった。
米軍が大使館の車を取り囲んだ時に、大使館の車に乗っていた全員が米軍の護衛と解釈して、銃口を向けられても、日ごろ慣れているから停車することしなかった。
取り囲んだ米軍は、ナンバーが無いこともあって大使館の車と確認できず、かつ正面から銃口を向けても停車しないので、自殺爆弾車両として射撃した。

言うまでもなく、これが真実であるか、そうでないのかは銃弾が遺体か車両から取り出せれば、決定することである。
一言で言うと、ノーコメントで通すことは出来るかもしれないが、ゲリラの攻撃とかテロであると断言すると、後から銃弾が出てきた時に説明が付かない。
アメリカ軍とイラクにある小銃は全く別物だから、取り違える可能性は皆無と言えるからだ。
そういう見地から記者会見の言葉尻をチェックしてみると「テロと思われる」というところから一歩も進んでいない。
その上、銃弾についてはノーコメントであるし、車は返ってこない。
さて真実は明らかになるのだろうか?

酔うぞ拝

12月 7, 2003 at 02:36 午前 海外の政治・軍事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/11337

この記事へのトラックバック一覧です: 外交官射殺事件についてのうわさ:

» 米軍誤射説 トラックバック 路傍亭
外交官射殺事件についてのうわさ 一部の人たちは米軍の誤射ではないか?という疑いが語られていましたが、少しずつ明らかになってきた状況をすべて説明できるのは米軍誤射... 続きを読む

受信: 2003/12/08 3:13:55

コメント

遅いレスかもしれませんが、銃に少し詳しい者として、少し参考までに書き連ねたいと思います。
もしアメリカ軍が撃ったのならば使用してるのはM4A1もしくはM16A2だと仮定いたします。

アメリカ軍が攻撃を行ったと考えるには、あまりにもお粗末な結果だったと言えるでしょう。
弾痕の写真等を見ましたが、弾痕が流れ過ぎています。フルオート射撃が当たらない、というのは常識ではありますが訓練された人はかなりの集弾率で命中させる事ができます。接近状態に限られますが。そもそもアメリカ軍等で実際に射撃する場合、よっぽどの事がない限りフルオート射撃というのはあまり行わないんですね。M16A2に関しては、セミオートと3バーストしかなく、フルオート射撃はできません。M4ならばできますが、そもそも攻撃するのに「訓練を十分に受けているアメリカ兵が」車の中にしっかりと見えている人間相手にフルオート射撃するかどうか。
セミで一発体にぶち込めばすむ話です。
自爆攻撃をおそれて〜、というのなら米軍の兵隊なら一旦距離をあけます。距離をあけてのフルオート射撃ならあの車に対しての命中率の説明がつきません。ほとんどが窓を抜けてましたし。距離をあけてのフルオートってのも無意味です。
以上からアメリカ軍が行った誤射ってのはないんじゃないかなぁとは思います。
怪しい材料はそろってるんでしょうけどね。
難しいところです。興味はつきませんが。

投稿: 実戦とは | 2003/12/10 19:55:35

kaomakeさん

コメントありがとうございます。
昨日12月10日なって、一部で運転手からAKの7ミリ弾が出てきたという記事が出ました。

こんなると、じゃなんで政府は弾の取り出しを発表しながら、弾丸の種類についてノーコメントとしたのか?
なんなんでしょうね?

車両の返還も進んでいるようですが、全体として何がどうなっているのか?
という印象は強くなりますね。

純粋に政治的な効果という観点からは、今の時代は情報操作は一般論として不利に働くように思います。
湾岸戦争では、アメリカ軍は同行記者団方式と公式発表で押さえ込もうとしたようですが、結果的には後からニュースソース不明の話しがゾロゾロ出てきて、全体を怪しげにしてしまいました。
今回はそれがより早く出てきているように感じます。

酔うぞ拝

投稿: 酔うぞ | 2003/12/11 9:45:50

M240B7.62mm汎用マシンガンじゃないですか。
多目的車輌HMMWVから撃ったのでしょう。

投稿: くまきち | 2004/02/03 18:16:05

コメントを書く