« 年末だねぇ | トップページ | タブレットPC破損!! »

2003.12.24

朝鮮日報

わたしは、大体、毎日30紙ぐらいの新聞サイトを見ています。
その中に朝鮮日報の日本語Web版 http://japanese.chosun.com/ があります。
その中に「技術格差の前で崩れ落ちる先進国への夢」というタイトルの社説がでました。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/12/23/20031223000087.html

> 韓国銀行は90年代以降から韓国が先進国との
>技術格差を縮められないといった「落とし穴」
>に陥た可能性が高いと指摘した。
(中略)
> 世界最高という韓国のメモリー半導体産業は
>設備投資費の70%を日本の製造機器メーカーに
>ロイヤリティとして支払っている。
>DVDプレイヤーやPDPといったデジタル家電製品も
>製品価格の10~30%を
>外国企業にロイヤルティとして支給している。

これは、かねてから指摘されていたことで、輸出によって外貨を稼ぐことでは同じ日本と韓国では経済構造がかなり違うということが言われていました。
日本の外貨収支は長い間、貿易黒字つまり原材料を輸入する以上に製品輸出をして、貿易収支の黒字を続けていました。同時に貿易外収支特に観光収支の赤字、つまり日本からの観光客はたくさん海外に出かけるが、海外からの観光客は呼べない、と言われていましたし、それは今でもあまり変わらないようです。
さらに国際収支としては、利子配当収入に当たる資本収支もあります。
これらによって、国の経済の状況が概観できることになります。
もちろん、国家の政策つまり行動原理は、経済によってのみ左右されるものではありませんが、最終的には経済が国家の運命を決めることは、冷戦が東側陣営の敗北という形で終わったことを見ても明らかです。

というわけで、ちょっとこの分野について書いてみることにします。

酔うぞ拝

12月 24, 2003 at 12:50 午前 国際経済など |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/45781

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮日報:

コメント

コメントを書く